目指したのは…本物。スーパーガラスコーティング

メンテナンス

ボディにツヤを与え、光沢のある仕上がりを実現するスーパーガラスコーティング。
強固なコーティング被膜がボディは守るため、ボディが美しく見えるだけでなくキズや汚れも付きにくくなります。
とはいえ、ガラスコーティング施工後にも洗車などのメンテナンスは必要です。

自動車の塗装面への障害
下記に示すものは、自動車の塗装面における代表的なものです。
このような症状から塗装面を最大限守るために、スーパーガラスコーティングを施工します。

● 雨染み&油膜

屋外で洗車したり、通り雨などの後に付着します。
特に夏場の濃色車に発生しやすく、ボディに雨等が残った状態で放置されると水分だけが蒸発し、汚れや酸性物質が焼きついた様に残って雨ジミとなります。

● 鳥のフンや虫の死骸

鳥の糞や虫の死骸の付着。繁殖期や鳥の種類によって、酸性がきつく、放置すると塗膜が浸食され、輪郭が残ってしまいます。

● 水アカ

汚れが雨等で流れ落ち、黒くスジになって残ります。放置しすぎると通常の洗車だけでは取れなくなってしまいます。

● 黄砂や花粉など

近年多くの化学物質を含む黄砂になってきているため、ますます取れにくくなっています。放置しすぎると研磨しないと取れません。


スーパーガラスコーティングは

洗車のかわりに施工するものではありません

定期的な洗車をすることが、最大のメンテナンスになります。

雨等で濡れたり汚れたら、
早めに手洗いし柔らかいクロス等でよく水滴を拭き取るようにしてください。



日常のお手入れ方法

1.水洗いで表面の砂やホコリを洗い流してください

スーパーガラスコーティングを施工されたお車は、定期的に水洗いを行うだけでコーティング効果が持続し、汚れが簡単に落とせます。

ボディにしっかり水をかけ、ホコリなど大きな汚れはシャワーで取り除きます。十分に水をかけながら、洗車スポンジを用いて軽くボディをなでて汚れを落としてください。

2.洗 車

「洗車美人」または「メンテナンス専用シャンプー」で手洗い洗車を1〜2ヶ月に一度、洗車していただくと雨染み防止にもなります。
洗剤成分が残るとシミの原因なりますので、よく水で洗い流してください。

3.吸水用Jクロス等で拭き上げるだけ!

水洗い洗車後の拭き上げには、吸水用Jクロスをご利用ください。
一旦水を含ませてからしっかりしぼり、あとは普通のタオルのようにボディを拭き上げてください。 強く拭きすぎると小キズが入る場合がありますので、ご注意ください。

もしも、汚れがこびりついたら…

鳥のふん・樹液・虫の死骸・タール・花粉・黄砂などが固まってしまい水洗いで落ちない場合や、水アカ・油膜などの汚れには弊社NSマルチクリーナーで除去してください。 作業が困難な場合や、状態が判断できない場合は取扱店にご相談ください。





6ヶ月毎の「塗り直し」は、必要ありません。

定期的な水での手洗い洗車が最大のメンテナンスになります。
水洗い

ご注意
※洗車後や雨に濡れた後、ボディの水滴を拭き取らないと水の中の成分が白く残ることがありますので、 必ず水滴を拭き取ってください。
※鈑金補修や再塗装をされる場合は、コーティングを施工された店舗にご相談ください。
※手洗い洗車をおすすめします。

↑ PAGE TOP